2017年8月13日日曜日

春夏スイーツ

ブログをすっかり放置しておりました。

折角食べた美味しいスイーツ、情報を残したいと思います。
時間経過で現在は終了のものもございますが、ご了承くださいませ。

まずは、アフタヌーンティーに行って来ました。
京王プラザホテルのオールデイダイニング樹林にて、ピーター・ラビットをモチーフにしたスイーツ達。


実際に本の中に登場するパイやケーキ等タイトルPOPと一緒に並んでおり、ピーター・ラビット好きさんには堪らないヴィジュアル。
写真はストロベリーチョコディップ。


クッキーからシャーベット、ケーキにミニワッフルまで。
ブュッフェ形式で飲み物もお代わり自由。
途中、お喋りに夢中になっていたら、出来立てのクレープをホールの方がサービングしてくれました。
イギリスの北、湖水地方のピーターラビットの故郷へご一緒した友人と行き、昔話に花を咲かせました。
女性だけかと思いましたが、家族連れや男性のみなど色々な方がこの世界観を楽しんでいらっしゃいました。

*終了してます。

次は和スイーツです。

浅草でいただいた胡桃入り抹茶白玉の小豆添え。
黒蜜ときな粉をかけて食べるスタイルです。

結構なボリュームで、お腹いっぱいになりました。
(こちらのあんみつやランチも美味しかったです)



続いて夏気温になり、みずみずしいマンゴーパフェを食しに行きました。
昨年よりカキ氷やパフェをご一緒してるメンバーで久々のスイーツ会。

果実園 新宿に伺いました。
店内は女子たちでいっぱい!
店員さんが足りない様子でしたが、オーダーの品々を提供されると、もうそこはパフェの世界...!!
各々楽しみました。




お次は暑さピークでカキ氷へ。
ところがどっこい行ってみると、パンケーキも美味しいぞなお店と言う事実!

脳内うなりまくって、結局、ご一緒した方とシェアしました。

ここのカキ氷は何もかも拘りづくし。
抹茶味を頼みましたが、氷というよりしっとりとクリーミーで抹茶アイスに近い味わいでした。


パンケーキはお決まりのふわとろ系で、スイーツ好きの気持ち鷲掴みでした。

お店がこじんまりな理由もありますが、金夜は行列。週末はもっと並ぶとのことでした。
カキ氷は定番+メニューが変わるスタイルでしたので、シーズンオフでも美味しい出会いありそうでしたよ。



最期は遠出した美術館併設のカフェレストランにて、エンツォ・クッキさんの作品を真似たスイーツ: ぱりぱりクレームブリュレ  。

最近、展覧会の会期中、限定メニューって見かけますよね。
ビジネス的に良いアイディアだなぁと感心しながら、しっかり自分もターゲット客となっております。

画集内の写真を撮り忘れましたが、美術館内でも細長い壁に飾ってあった細長い作品。まさにこのスイーツのような作品でした。

スイーツ自体はクリームブリュレ。トップに飴細工にクッキー、メレンゲで装飾してました。

http://kawamura-museum.dic.co.jp/shop_restaurant/restaurant.html

以上、2017年春夏のスイーツでした。

Author:Satoko Iwanaga
2005~2012年代官山にてメイド・イン・ジャパンのセレクトショップ
GOLDFISHを運営。現在はOL時々販売員。Facebookをサボり、twitterとファッションブログをゆるくやってます。




2016年11月13日日曜日

現代美術@原美術館ARK

芸術の秋と題し、アートを楽しむ日帰り旅へ。
群馬県の渋川にある原美術館ARKへ行って来ました。この美術館は伊香保グリーン牧場の敷地内にあります。

ハートの作品がお出迎え。

品川の原美術館は何度か足を運んでいますが一度渋川の方に行きたいなと前々から思ってました。
個性ひしめくアーティストの現代美術を鑑賞することが出来ます。

秋晴れの日で、外にある作品も見やすかったです。

二つで対の作品。
美術館内は撮影禁止なのですが、外の立体作品は撮り放題。

Olafur Eliasson(オラファー エリアソン)の作品は中に入れます。

年間を通して太陽の軌跡を見ることの出来る観測所との事。



自分の中では、現代美術というのは「究極の遊び」だと思っています。

美術の鑑賞は人それぞれだと思いますが、私的にはまず存在そのものを感じてみる。何か感じたら魂の触れ合いとして心に残す。そんな感じです。

だからタイトルも説明書も見ないし、事前に評論を読んだり当日にキュレーターの言葉も聞かない。
それらは全て後から行います。


感じるは理解するとイコールでは無いですが、自分の心を知る瞬間でもあると思います。

日本で唯一の黒い美術館。
都内からでも2〜3時間です。草間 彌生やクリスト等の作品を所蔵。

行った時は「うまし めでたし」と言う展覧会の後期編も特別展示室でやっていました。
ロバート メイプルソープに狩野派とが同じ空間にあり異色でしたが、面白い空気感でした。

敷地内にあるカフェレストランも品川と同じでした。
草間 彌生の作品イメージのスイーツも有りましたよ。

ご興味ある方は是非!
牧場とセットのチケットも有りますし、美術館だけ行くことも可能です。
(冬は休業期間あり)

但し外の作品を見ている際、動物の鳴き声や匂いがしたりしますと言う事を、一筆加えさせていただきます。


Author:Satoko Iwanaga
2005~2012年代官山にてメイド・イン・ジャパンのセレクトショップ
GOLDFISHを運営。現在はtwitter時々ファッションブログをゆるくやってます。







初めての北海道2

北海道に行ったのは2016年6月です。ブログは後追いです。(タイムリーでなくて失礼します)

さて2日目です。
この日は曇りの天候で一日バスで支笏湖〜洞爺湖など見る旅へ。

水中はこんなに綺麗なブルー色。お魚さんが一匹だけ真ん中右寄りにいます!

こちらが支笏湖(しこつこ)。
水上ボートに乗って周ります。
こちらが、ボート上から見た湖。
建物が無く自然のみで心癒されました。
乗った時は雨〜曇りでしたが、次第に少し光が出て来ました。何十にも変化する自然の美しきにウットリ。

東京では5月に満開だったツツジがこちらはこの時期に。八重になっている物もあり、雨露に濡れて生き生きしてました。

続いて洞爺湖(とうやこ)へ。

こちらも絵になる静寂さ。湖が好きな方にはたまらないかもです。

こちらには藤が満開。近くで見たことがなかったので、近撮影してみました。

時間が無かったのですが、洞爺湖温泉に5分位浸かりました。短時間でも身体ポカポカで、まだまだ浸かりたい心残りなお湯でした。

次に繰り返し爆発によって自然に出来た山、昭和新山へ。

やっと晴れました。自然にできたと言われてもどうやって?と思いますが、この近くの博物館な空間で、山が誕生するまでのビデオ上映、説明が有りました。山って作られるんだと初めて知りました。

小さなお花と青々とした草の対比が綺麗でした。

一面のジャガイモ畑はバスから撮影しました。緑いっぱいで目が休まります。
湖と山を満喫し、札幌に戻ったのは夕暮れ時。お腹ペコペコでした。

一度は食べようと思っていたスープカレー。
チーズをトッピングに加え、満足な一品でした!

北海道は食べ物もたいへん美味しいので、どんな興味がある方でも楽しめそうな場所でした。

旅は日常を離れ心休まる時間でもあり、何か発見や気付きをくれる、そんな機会でもあると思っています。

何に気付くかは貴方次第です。
心豊かになる素敵な旅を!


Author:Satoko Iwanaga
2005~2012年代官山にてメイド・イン・ジャパンのセレクトショップ
GOLDFISHを運営。現在はtwitter時々ファッションブログをゆるくやってます。


2016年8月27日土曜日

初めての北海道1

旅行は元々好きですが、最近は一年に一度、国内遠出を目標にしています。

今回は、北を目指してみました。
ライラックがまだ咲いていて、ラベンダー待ちのシーズン。
北海道は広い大地で、どこから攻めるかも迷いますが、まずは空から千歳空港に入り、電車で札幌へ。

空港から45分位で到着。アクセス良いですね〜
6月始めでしたが、空気冷んやりで東京より涼しかったです。

早朝便でしたので、朝抜きで向かったのは、
パンケーキ!

友人のオススメの生ハムサラダ付きにしました。パンケーキはクリームチーズ入りのふわとろ系。
ナイフを入れると、フワッと沈みます。
サラダは食べても食べても無くならならず量感ありでした。

続いてお散歩がてら、植物園へ。


季節は6月。ライラックは終了気味でしたが、藤が綺麗に咲いてました。


温室には睡蓮がパキッと美しかったです。

風が吹くと寒い位でしたが、温室は快適でした。シダやサボテン植物から南米の食虫植物まで揃っていました。

日暮れになり藻岩山(もいわさん)に登ろうとケーブルカーに向かいました。


乗り場にはこんな可愛キャラが。

そして藻岩山(もいわやま)でケーブルカーに乗ろうとしましたが、、、
あいにくの強風でこの日は中止。
山からの札幌は見ることが出来ず、この後は海鮮を食べて一日終了。

牡蠣がとても美味しかったです。

二日目に続く。


Author:Satoko Iwanaga
2005~2012年代官山にてメイド・イン・ジャパンのセレクトショップ
GOLDFISHを運営。現在はtwitter時々ファッションブログをゆるくやってます。